携帯サイト
Tokushima Prefectural Kamojima School for Special needs Education   E-mail kamojima_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
日誌
教職員研修 >> 記事詳細

2018/05/01

職員研修会を行いました

| by:研究課
   日時  平成30年4月19日(木)15:50~

   演題  『身体負担を軽減するための「ボディメカニクス」』
   
   講師  鴨島病院 理学療法士 田村英司 先生
                  松本真巳 先生

   
腰の位置はどこですか?         模型を元に説明を受け,自分の身体で確認しました。

 
腕の体操をするときは肩甲骨を意識して! 正しいスクワットのやり方を覚え,腰痛予防を!  

  
基本的な二人介助の方法を三人組になり、実技研修しました。

  
ストレッチをしていただき,身体の柔軟性が増しました。

 
股関節脱臼がある場合の介助のポイントについて教えていただきました。

肩甲骨を意識し,胸を張る意識をすると腰痛予防や膝痛予防になること,腰への負担を減らすための3つのポイントは①背筋を伸ばす②おなかをへこませおしりをしめる③介助の際は足を曲げることなどを身体の構造に基づき,実技を交えて教えていただきました。正しい介助方法でより安全に,子どもたちにとってもより心地よい身体的支援ができるよう本日の研修内容を活かしていきたいと思います。
16:31 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)