携帯サイト
Tokushima Prefectural Kamojima School for Special needs Education   E-mail kamojima_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
日誌
教職員研修 >> 記事詳細

2018/05/01

職員研修会を行いました

| by:研究課
   日時  平成30年4月24日(火)15:50~

   演題  『不器用なお子さんへの支援』

   講師  鴨島病院 作業療法士 江本純造 先生
                               松本祐輝 先生

    
姿勢が保てない,力加減ができない,感覚過敏がある子どもたちへの日常的に行える支援について,具体的に教えていただきました。
また,視知覚の発達を促したり両手の操作性や注意集中を高めるために姿勢の保持が重要であること,そのためには体を支える筋肉の
強化や座面の安定を保つための工夫などが必要であることを教えていただきました。

  
座面のずれ軽減のための工夫として,滑り止めマットを用いた体験をしてみましょう。

  
持ち方の発達についてのお話の中で,鉛筆の持ち方の工夫としていろいろな補助具を紹介していただきました。

    
お箸やスプーンの自助具も紹介していただきました。

子どもたちの生活をより豊かにするための動作性や操作性を高める指導において,その効果をより発揮するための支援ツール,
子ども自身が楽しく取り組める工夫を,実技やスライドを交えて具体的にわかりやすく教えていただきました。
18:15 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)