携帯サイト
Tokushima Prefectural Kamojima School for Special needs Education   E-mail kamojima_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
日誌
教職員研修 >> 記事詳細

2018/07/26

夏季公開研修会および職員研修会を行いました

| by:研究課
   日時 平成30年7月26日(木) 9:30~12:00 

   演題 みんなで「からだづくり」と「こころほぐし」
       ~ちょっと気になる子どもの捉え方~

   講師 関西国際大学 中尾繁樹先生 

  
ご講演並びに実技指導をしていただきました。
「教員の仕事は人を愛する子どもを育てること,人間力を育てること」であると,先生の幅広い多くのご指導経験よりお話しいただきました。


からだの軸のチェックをしているところ。スクワットを5回行うと,より軸の安定感が増しました。スクワットにより,腸腰筋が「ここにある!」と脳が理解するからだそうです。

前屈ビフォーアフター。おでこを数回後ろへなでるように引っ張ることで,柔軟性が増しました。

行進の指導を通して人に合わせる練習。最初は手をつないで→次は手のひらを合わせて→そして手の甲を合わせるのみ,離すことで相手を意識。だんだん人数を増やして・・・。

からだの軸が作られていないと姿勢のくずれにつながること,実技を通してからだを動かす楽しさや心地よさを体験でき,指導の中で運動(遊び)の環境を作っていくことの大切さ,などを教えていただきました。もっともっとたくさんのお話を伺いたいと思う,あっという間の2時間半でした。
16:09 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)