携帯サイト
Tokushima Prefectural Kamojima School for Special needs Education   E-mail kamojima_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
日誌
教職員研修 >> 記事詳細

2018/09/09

人権教育保護者・教職員研修会を行いました 

| by:人権教育課
 

日時  2018年9月9日(日) 10:30~11:45

講師  就労支援事業所 「アプローチ板野」  佐藤 加幸実 さん

演題    「ふつうに生きる」

  

研修会では、「ふつうに生きる」とは何か、ということをテーマに話をしていただきましたが
これには、両親の愛情と支えにより今の自分があるということが核となって、いろんなことへ
チャレンジできたことや、また多くの人との出会いによって、生きるために必要な知識が培
われたことなど、講演者が実際に体験したことを元に話されていました。話の中に、生きる
ということには、周りの人の支えを受けることは大切なことであり、また、その人たちから受
けた情報の中から、自らが必要なことを選び出し自己決定ができる。そして、自分にとって
の生き方を見つけ出すことができるということ。また、情報や生き方を周りが決めつけず、
自分がやりたいことをどのようにすればいいのかを自分で考える。このことが大切と、話を
されていました。このことは、本校の児童生徒にとっても必要なことと感じました。
  このようなことから、今後は、この研修会で学んだことを教育活動の中に生かせるよう考
えて行きたいと思います。

  

 

 


15:38 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)