日誌
教職員研修 >> 記事詳細

2019/08/16

職員研修会を行いました

| by:研究課
日時  令和元年8月7日(水) 9:30~12:00

演題  『肢体不自由児への視線入力の活用について』

講師  福岡市立今津特別支援学校 教諭 福島 勇 氏

  

『肢体不自由教育とは、子どもたちにはカラダを動かす上での不自由さはあるけれど、「〇〇したい」というココロは不自由にさせない教育』
という言葉から始まった研修会。
肢体不自由児は学習上または生活上様々な困難さがある。その困難さを軽減するためには、「できな」という見方ではなく「どうすれば参加できるか」
との発想の転換が重要で、それを具現化する手段としてICT・ATの活用があるとして、その活用の意義や事例の紹介が行われました。
また、今回のメインテーマとなる「視線入力」については、「EyeMoT3D 00風船割りゲーム」を体験することができました。
08:41 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)