携帯サイト
Tokushima Prefectural Kamojima School for Special needs Education   E-mail kamojima_ss@mt.tokushima-ec.ed.jp
 
日誌
教職員研修 >> 記事詳細

2017/01/17

冬季公開研修会を行いました

| by:特別支援教育課

 日 時:平成29年1月6日(金)          

 講 師:畿央大学 教育学部 現代教育学科 准教授 大久保 賢一 先生 

 テーマ:「特別な教育的ニーズのある子どもたちの行動の理解と支援
              -応用行動分析学に基づくポジティブな支援-」               

 講演では,具体事例や参加者同士のディスカッションを交えながら,応用行動分析学
に基づくポジティブな支援としての考え方の方向性や支援方法について具体的にとても
わかりやすくお話しいただきました。

  
  

 ◎支援は必要最低限に行い,スキルアップに伴い支援を引いていくことが大事
 ◎行動を変えるためには,行動の「後」にどう対応するかが大事
 ◎対応の「意味」は「相手の立場」で考える
 ◎援助やヒントのコツについて     ・・・など

 問題行動を罰によって抑制するのではなく,別の望ましい方法を習得するルートを作る
ことが大事であることや,援助は「自立を促すもの」でなければならないことなど,たく
さんの支援のポイントや方法を教えていただきました。

 


17:14 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)